「data-vocabulary.org schema deprecated」の警告の修正と検証

カテゴリ:Google対応

記事の種類:SEO情報

2020年1月からGoogle Search Consoleより全サイトに対して以下のような「data-vocabulary.org schema deprecated」の警告通知が来るようになりました。
Search Console により、貴サイトに影響する「パンくずリスト」関連の問題が 1 件検出されました。

主な警告

警告は、サイトの改善のための推奨項目です。警告によっては、検索結果での表示に影響がある場合がございます。また、警告が今後エラーになることも考えられます。貴サイトでは、以下の警告が検出されました。

data-vocabulary.org schema deprecated

上記の問題をできる限り解決されることをおすすめいたします。こうした問題を解消することで、サイトのエクスペリエンスや Google 検索結果での表示を最適化できます。

この警告通知はパンくずリストのデータ形式にdata-vocabulary.orgを使用している場合に届きます。

というのもGoogleは2020年4月6日以降、古いデータ形式であるdata-vocabulary.orgをサポートしないことを表明しているからです。 4月6日を過ぎても検索順位には影響しませんが、検索結果の表示に影響(リッチリザルトが表示されない)するため、CTR(クリック率)に影響する可能性があります。

そこでGoogleがサポートしている構造化データ形式(以下、データ形式)であるschema.orgに変更しました。

schema.orgのデータ形式

schema.orgのデータ形式のサンプルは以下のような感じです。
※https://schema.org/ListItemより抜粋
<ol vocab="http://schema.org/" typeof="BreadcrumbList">
  <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
    <a property="item" typeof="WebPage" href="https://example.com/dresses">
     <span property="name">Dresses</span></a>
     <meta property="position" content="1">
  </li>
  <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
    <a property="item" typeof="WebPage" href="https://example.com/dresses/real">
    <span property="name">Real Dresses</span></a>
    <meta property="position" content="2">
  </li>
</ol>
data-vocabulary.orgからschema.orgへの変更にはいくつかの属性名と属性値の変更が必要です。
具体的な変更前と変更後の状態を以下に示します。

data-vocabulary.org:(変更前)

<ul id="topicpath">
    <li itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">
        <a href="../" itemprop="url">
            <span itemprop="title">トップページ</span>
        </a>
    </li>
    <li itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">
        <a href="../SEO%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/" itemprop="url">
            <span itemprop="title">SEOの基礎</span>
        </a>
    </li>
    <li>
        <span>SEOとは?</span>
    </li>
</ul>

schema.org:(変更後)

<ul id="topicpath" vocab="http://schema.org/" typeof="BreadcrumbList"> 
    <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
        <a href="../" property="item" typeof="WebPage">
            <span property="name">トップページ</span>
        </a>
        <meta property="position" content="1">
    </li>
    <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
        <a href="../SEO%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/" property="item" typeof="WebPage">
            <span property="name">SEOの基礎</span>
        </a>
        <meta property="position" content="2">
    </li>
    <li>
        <span>SEOとは?</span>
    </li> 
</ul>
IDEで差分表示するとこんな感じです。
IDE側のテキスト置換機能を利用して、何回か属性を一括置換すれば簡単にschema.orgへの切り替えは可能そうです。

ただ問題なのは以下のpositionプロパティです。

<meta property="position" content="1">
ListItemごとにいちいちpositionプロパティを使用して1、2、3と階層を示さなければならないため、置換では対応できません。

このような、静的に階層を指定しなければならない仕様は合理的ではないし、何のためのHTMLによる階層構造なのか分かりません。Web開発者を苦しめようとしているとしか思えませんよね。
常識的に考えれば明示的に階層を指定しなくても、上位のListItemから順番に自動で階層が認識されるように設計しているべきです。
ただ、上記サイトの説明を見ても特にpositionは必須プロパティのようにも書かれていません。
そこで、以下のようにpositionプロパティは記述しないことにしました。

<ul id="topicpath" vocab="http://schema.org/" typeof="BreadcrumbList"> 
    <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
        <a href="../" property="item" typeof="WebPage">
            <span property="name">トップページ</span>
        </a>
    </li>
    <li property="itemListElement" typeof="ListItem">
        <a href="../SEO%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/" property="item" typeof="WebPage">
            <span property="name">SEOの基礎</span>
        </a>
    </li>
    <li>
        <span>SEOとは?</span>
    </li> 
</ul>
ただしGoogleに不正な記述方法として認識されると困るため、念の為positionプロパティの指定がない場合でもGoogle Search Consoleで警告とならないかを検証してみることにしました。

Google Search Consoleから「修正を検証」をクリックします。

以下のメールが届きます。結果が出るまで数日かかるようなので、待つことにします。

Noteちなみに、すぐに結果を確認したい場合はリッチリザルト テストからテストできます。

検証結果

positionプロパティは必須のようです。
positionプロパティを指定したらエラーは無くなりました。
所有Webサイトが1つや2つならともかく、多数のサイトを所有している人は修正は大変ですね。

公開日時: 2020年01月26日  19:53:31

Google対応に戻る

このページのトップに戻る